2021年11月24日

【ぷらしる】
12種類のプラスチック材質判別装置
山本製作所が開発、リサイクル現場にニーズ

 農業機器や精米関連機器など農業分野の機械製造で100年の歴史を持つ山本製作所(山形県天童市、山本丈実代表取締役)は、環境関連機器であるプラスチック材質判別装置「ぷらしる」(PI-100)の販売が好調だ。本体セットが400グラムと軽く、持ち運べて現場で使えることや、税別98万円という100万円を切る価格が評価され、2020年10月の発売から約1年で70台を販売した。
 ぷらしるはプラスチックの材…

この記事は有料会員記事です

▼残りの89%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top