【コープこうべ】
2ヵ所のリサイクルセンターを運営
プラなど資源ごとに水平リサイクル目指す

 食品トレーやPETボトルなどのプラスチックリサイクルに取り組むコープこうべの2ヵ所のリサイクルセンターを見学取材した。コープこうべは1921年に創立した生活協同組合(生協)であり、現代につながる生協では最も古い。コープこうべの前身組織の結成を指導した賀川豊彦氏は「生協の父」と言われており、全国に生活協同組合を普及させた。今年でちょうど創立100周年を迎えた。

理念
 「生協の父」と呼ばれ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top