【タズミ】
神奈川の2拠点でRPFの製造ノウハウ蓄積
自治体から原料プラ受け入れ、品質管理を徹底

最大24トンまで貯留できるサイロ。一瞬で積込みが完了できる

 株式会社タズミ(本社=神奈川県綾瀬市、田墨幸一郎代表取締役)のプラターン海老名工場を訪問見学した。同社は1965年創業の一廃・産廃処理事業者であるが、2000年代に入ってから神奈川県下の2拠点でRPF製造にも注力。月間計1100~1200トンのRPFを製紙メーカーなどに納めている。RPFの原料は産廃由来のプラスチックが主であるが、同社では自治体から発生する事業系・家庭系のプラも受け入れ、高品質な…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top