【鈴木商会】
道内で漁網リサイクルの新工場が本格稼働
リファインバースが技術支援・漁協も協力

苫小牧プラ・ファクトリー外観

 北海道全域に事業拠点をもつ資源リサイクル企業の鈴木商会(北海道札幌市、駒谷僚代表取締役社長)は、北海道内で排出される使用済み漁網を産業廃棄物として回収し、再生ペレット化、販売する事業を本格化する。そのリサイクル処理、ペレット生産を行う新工場「苫小牧プラ・ファクトリー」(苫小牧市晴海町、床面積約1100平方メートル)が今月、試験運転等を経て稼働を開始した。同工場は漁網のマテリアルリサイクルで実績の…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top