2022年5月27日 プラごみ問題 

【福岡市】
製品プラスチックを9カ所で拠点回収へ
エコポート九州でマテリアルリサイクル模索

 福岡市が今月23日より市内9カ所の拠点で、製品プラスチック(以下、製品プラ)のモデル収集を始めた。期間は来年3月31日までの約8カ月間。対象とするのは、バケツ・洗面器、食器、ハンガー、食品保存容器など20品目だ。同市では、これまで製品プラや容リプラなどプラスチック類は、可燃ごみとして収集し、焼却処理によってその熱利用を図ってきた。環境局計画課によると、既に容リプラについては課題を把握済みで、今回…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top