【高磁力マグネットプーリー】
リチウムイオン電池除去に威力
廃プラ処理業者から引き合い増

日本エリーズマグネチックス
レアアースプーリー

 リチウムイオン電池などの発火物が原因になる発煙・発火トラブルが後を絶たない。日本容器包装リサイクル協会のまとめによると、2022年度も4月だけで、すでに28件のトラブルが発生している。ここ数年、年間300件の高止まりの状況にある。協会では市町村の中間処理施設や機器メーカー等へのヒアリングなどを実施し、リチウムイオン電池を除去する効果的な対策を探り、情報の周知に努めている。その効果的な方法の一つが…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top