《講演録》【住友化学】
ケミカルリサイクルの社会実装に向けて外部と連携
プラント規模・プロセスや触媒の技術革新がカギ

住友化学上田副社長

 住友化学の上田博取締役副社長執行役員が12月9日、展示会「高機能素材Week2021」(RX Japan主催、幕張メッセ、12月8-10日)で「住友化学が考えるケミカルリサイクルの社会実装と将来展望」と題した講演を行った。上田副社長は講演で住友化学のケミカルリサイクル技術の全体像と、それら技術を社会実装するうえでの課題と将来展望について述べた。その要旨を紹介する。(関係各社の敬称は省略させて頂き…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top