【日ノ出樹脂工業】
修理工場と連携し自動車バンパーを再生樹脂に
測定試験でバージン品に匹敵する物性を実証

川越工場外観

 樹脂のコンパウンド加工および販売事業を手掛ける日ノ出樹脂工業(東京都杉並区、住田嘉久社長)は、使用済み自動車バンパー由来のポリプロピレン(PP)リサイクルスキームの構築を目指す。自動車板金塗装のボデーガレージイケモト(滋賀県東近江市、池元茂社長)などと「バンパーリサイクルを推し進める会」(太田智子代表)を組織し、検討を進めている。このほど大阪公立大学の中谷隼人博士の協力で、バンパー由来の再生PPについて各種物性測定試験を実施し、データを収集、市販のバージンPP(耐衝撃タイプ)に勝る物性があることの確証を得られた。今後はその優れた物性を生かせる用途を提案するべく、さらに検討を進めるとともに、修理工場から排出される使用済み自動車バンパーの効率的な回収と収集体制の構築に取り組む。今後1年以内を目途に事業を本格化したい考えだ。

 自動車バンパーは、以前の車種であればガラス繊維が含まれているものなども含め、いろいろな種類があるが、多くはゴム入りのポリプロピレンでつくられている。そもそもバンパーの素材はメーカーから公表されていない。自動車メーカーと樹脂メーカーが共同で研究開発する各社独自の専用の部品であり、市販されることもなく、完全な企業秘密の部分だ。しかし、今回「バンパーリサイクルを推し進める会」の試験により、再生樹脂においてもその質の高さが改めてわかった。

この記事は有料会員記事です

▼残りの89%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top