【長崎県対馬市】
年間7000㎥の漂着プラスチック
エルコムの破砕機導入し、燃料化へ

対馬に漂着したごみ

 長崎県対馬市はこのほど、毎年7,000立方メートルに及ぶ漂着ごみ(回収できたごみのみの数量)の新たな対策として、プラスチックごみの破砕機を対馬クリーンセンター・中部中継所(対馬市峰町)に導入した。破砕機はエルコム(北海道札幌市北区、相馬督代表取締役)社製の「クダック」で、1時間あたり硬質ブイが入った1立法メートルのフレコン16体を破砕してチップにし、8分の1に減容できる。2月4日に引き渡しを終え…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top